ラブストシルエット

ロマンスといえばシルエットシリーズ、その中でもシルエット・ラブストリームばかり集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

紅蓮の誓い―よみがえる魔女伝説〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブリーは病気の母と幼い娘を抱え、食堂で働いていた。今朝はひどく混んでいる。まるで町中の人がやってきたようだ。理由はひとつ。みんな昨日射撃場で起きた殺人事件を噂したいのだ。「ドゥルー・ピアスは捕まるかな?」客の話す声が耳に飛び込んできて、ブリーは凍りついた。まさか、あの品行方正なドゥルーが犯人であるはずがない。振り向きざま別の客にぶつかったが、目を上げて言葉を失った。そこにはドゥルー本人が、けげんな顔で彼女を見つめて立っていた。弁護士を目指していたはずの私が場末のダイナーにいるんだもの、不思議に思うわよね。でも、その理由は決して明かさない。こみ上げるせつなさをこらえつつ、ブリーは再度胸に誓った。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シンクレア,ダニ
1996年にハーレクインに作品を発表してからは精力的に創作を続けている。1998年には三作目にしてロマンス小説界のアカデミー賞と言われるRITA賞の最終選考に残った実力派。ワシントン郊外在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

戦火のヴィーナス―狼たちの休息〈8〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リンダ・ハワード絶賛の人気シリーズ新作!再会、脱出、そしてめくるめく禁断の愛。父が生きている?まさか…キャサリンは一瞬、耳を疑った。傭兵だった彼女の父親ラニーは、二十年前に独裁国家サラサの内戦で戦死したはずだ。なのに、いまだ父が捕虜として投獄され続けているなんて。CIAの担当者は淡々と続けた。「解放の条件はただ一つ。身代金十万ドルを直接現地へ届けること」混乱するまま、キャサリンは身代金を携え空港へ向かった。父のかつての盟友マードックがボディガードとして同行するという。元傭兵、父と同じ種類の男。いったいどんな人かしら?人波の中で彼女は奇妙な震えとともに彼を見つけた―本能的に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バートン,ビバリー
幼いころ、祖父から贈られた『美女と野獣』の絵本を読んでロマンス小説のとりことなり、九歳のときに初めて物語を書いた。それ以後、小説、詩、脚本と、学生時代を通じて創作活動に親しむ。結婚し、二人の子供を産んでから専業主婦となっていたが、執筆活動に復帰してからはアメリカロマンス作家協会に加入し、大いなる貢献をする。’90年にデビューして以来、マギー賞や全米読者選賞を受賞。ロマンス小説界の最高峰RITA賞の最終選考にも残ったことがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

呪われた貴公子―闇の使徒たち 序章〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レベリアの独裁者にとらわれた地質学者アレックスは薄れゆく意識のかなたで夢を見ていた。琥珀色の瞳を持つたくましい男性に抱かれている夢を。だが肩をつかむ温かいてのひらの感触に、我に返る。これは夢じゃない。わたしがずっと恋いこがれていた人―伝説のエージェント、ジャレッドが助けに来てくれたのだ!ほっとしたのも束の間、ふいに彼が身をこわばらせた。まさか、気づかれたの?こんなに早く?このおぞましい秘密を知られたら、生きてはいけない…。彼女は覚悟を決め、ジャレッドと目を合わせた。

禁断の口づけ―危険を愛する男たち〈6〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
海軍特殊部隊でも極秘任務を担うグレー・グループに属する者は、たとえ任務が成功しても脚光を浴びることはなく、敵に捕らえられても政府の助けは期待できない。これまで、クラッシュ・ホーケンは多くの仕事をこなしてきた。張りつめた日々のなかでクラッシュが唯一くつろげるのは、十歳のときから母親がわりに育ててくれたデイジーの家だけだ。彼女は海軍大将ジェイクと二十年近く同棲を続けている。そのデイジーを不治の病が襲ったと聞き、クラッシュは動揺した。デイジーの秘書ネルは、初めて見る彼の姿を心に焼きつけた。その日、初対面のとき以来惹かれ合っていた二人は、情熱ではなく同情に駆られて、初めて互いを抱きしめた。だが、デイジーが永眠したあと、クラッシュは姿を消した。一年後、ネルはテレビに映った彼を信じられない思いで見つめた。海軍大将暗殺犯?まさか!クラッシュがジェイクを…。

誘惑の湖 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大企業の総帥として君臨するロバート・キャノンは、常に冷静で公明正大さを重んじ、裏切り者を容赦しない。そんな彼を思いがけない事態が襲った。傘下の企業から国家機密に関するプログラムが流出したのだ。犯人と疑わしきは二人。一人は湖畔でマリーナを経営する女。ロバートはFBI任せにしておけず、自ら探り出すことにした。手元の不鮮明な写真には、野暮な女が写っている。これが女スパイか。ロバートは冷たく燃える緑の瞳で見つめた。ところが、客を装って近づいた彼の前に現れたのは、セクシーな声でゆったりと話す、まぶしいばかりの美女だった。

親密な他人―孤高の鷲〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
この三年間、キャスリーンに心休まる日はなかった。マフィアから大金をだましとり行方をくらました夫ロブのせいで、何も知らないにもかかわらず、金のありかを求める悪漢たちに追われつづける日々なのだ。かつては愛し、すべてをささげた男性。だが今は、この世でもっとも憎い男性。二度と顔を見ることはないだろう。いや、絶対に会いたくない。ふいに、物思いから覚めたキャスリーンは凍りついた。向こうがわの車の運転席に座っているのは―ロブだ!彼は冷たいまなざしでこちらを見すえ、ゆっくりと…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルソン,ゲイル
作家になる前は高校で英語と世界史を教えていた。ロマンティック・サスペンスと、十九世紀初頭の摂政期を舞台にした歴史ロマンスを書き分けながら、北米ではこれまで二十作以上の作品をハーレクインから刊行。ロマンス小説界の由緒あるRITA賞を二度も受賞したほか、数々の賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

彼女こそシンデレラ―愛の国へようこそ〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
豪華な絨毯を踏みしめた瞬間、ブリアナは吐き気に襲われた。周囲の誰からも秘密を見透かされているようで、全身の神経がきりきりと痛む。ブリアナは大きく深呼吸し、そっとお腹に手を当てた。いとこの代わりに舞踏会に来るなんて、間違っていた。突然、目の前に漆黒のタキシードに身を包んだ男が現れ、緊張したブリアナはバッグを落としてしまった。「ジョセフ・カスティーリョといいます」男はブリアナの手をとり、唇を押し当てると、熱い視線を注いだ。華やかに着飾った女性たちが遠まきに二人を見つめている。まるでブリアナの知らない暗黙のとりきめがあり、むやみに彼に近づくことはとんでもない無礼とされているようだった。

Book Description
The test was positive! But Brianna Duvaulle couldn't remember how--or by whom!--she'd gotten pregnant. And to make matters worse, the most handsome, gallant man she'd ever met had launched an all-out, no-holds-barred, romantic pursuit of her--too late! Joseph Castillo showered her with gifts and affection, but it was the lure of his passion and devotion that Briana could not resist. Except she didn't expect Joseph to compromise his impeccable lineage for her and her mystery baby--especially when his family had already arranged for him to marry someone else. He's every woman's fantasy, but only one woman's dream come true.
--このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

戦火のヴィーナス―狼たちの休息〈8〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リンダ・ハワード絶賛の人気シリーズ新作!再会、脱出、そしてめくるめく禁断の愛。父が生きている?まさか…キャサリンは一瞬、耳を疑った。傭兵だった彼女の父親ラニーは、二十年前に独裁国家サラサの内戦で戦死したはずだ。なのに、いまだ父が捕虜として投獄され続けているなんて。CIAの担当者は淡々と続けた。「解放の条件はただ一つ。身代金十万ドルを直接現地へ届けること」混乱するまま、キャサリンは身代金を携え空港へ向かった。父のかつての盟友マードックがボディガードとして同行するという。元傭兵、父と同じ種類の男。いったいどんな人かしら?人波の中で彼女は奇妙な震えとともに彼を見つけた―本能的に。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バートン,ビバリー
幼いころ、祖父から贈られた『美女と野獣』の絵本を読んでロマンス小説のとりことなり、九歳のときに初めて物語を書いた。それ以後、小説、詩、脚本と、学生時代を通じて創作活動に親しむ。結婚し、二人の子供を産んでから専業主婦となっていたが、執筆活動に復帰してからはアメリカロマンス作家協会に加入し、大いなる貢献をする。’90年にデビューして以来、マギー賞や全米読者選賞を受賞。ロマンス小説界の最高峰RITA賞の最終選考にも残ったことがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

罪深きドクター―王家の恋〈10〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セラピスト、サラ・ハンターはモンテベロへ向かう王室専用機内で期待と不安がいりまじった複雑な思いをいだいていた。突然口がきけなくなった幼い男の子の世話係として、治療のためにサー・ドミニク・キアラの屋敷に住みこむ予定なのだ。妻を失い、医師業に没頭する彼は息子の世話もままならないらしい。きっと、年老いて気むずかしいドクターなのだろう。そんな人物と生活をともにすると思うと、心は沈むばかりだった。到着早々、サラは国王主催の舞踏会に出席するよう命じられる。しかもまだ顔を合わせてもいないドミニクのお相手として。会場で待ち合わせることになり、借り物のドレスをまとった彼女は宮殿の召使いに教わって、サー・ドミニクなる人物を探しだした。驚いたことに、老人どころか輝くばかりにハンサムな男性だ。だがサラの目の前で彼は美しい女性を熱心に口説きはじめ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マクブライド,メアリー
ワシントン大学で比較文学と心理学の学士号を取得し、セントルイス大学で教育学の修士号をとった才媛。その後は長い間、身体障害者のための活動に従事した。作品は現代ものからヒストリカルロマンスまで幅広く、USAトゥデイのベストセラーリストにも顔を出す実力派。現在は家族とともにミズーリ州セントルイスに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

妻が二人? (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
三年前、ジャックの妻は意気揚々と出かけていった。南アメリカの原住民の調査に目を輝かすカサンドラを、ジャックは引きとめることができなかった。不安が的中したように、行方不明の知らせが届いた。やがて、それが絶望の宣告になって伝えられた。あきらめきれない思いに包まれながら、ジャックは職を変え、住む場所を変えた。その後、支えてくれる人たちとの出会いがあり、特別世話になった人の娘と婚約し、結婚式の日を迎えた。盛大な式が終わって、披露宴のまっただなか、ジャックが目を向けた先に…カサンドラがいた!信じられないことに、彼女は自分をジャックの妹だと言い、彼が真実を口に出せないでいるうちに、花嫁は義妹を屋敷内のゲストハウスに泊めると言い出した。妻が二人。ジャックは混乱状態に陥った。

[高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [電子たばこ] [アキバ中毒のページ] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [東京ぶらぶら] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [ハロー!江東区!] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行] [墨田区紀行]
[ROSIBUN] [大好きSF/ホラー]

ooo対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo 千葉の酒蔵ooo 花ざかり千葉ooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo もっと知りたい!練馬区ooo IIS設定備忘録ooo 下町感溢れる足立区を調べるooo パチスロ必勝!in千葉市ooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo 初心者ゴルファーのゴルフするなら千葉ooo おいしいくだものメニューooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo うまい米@千葉ooo 中野区居住化計画ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo